皮膚常在菌とは?

皮膚常在菌は、腸内細菌と同じように私たちの身体に大き な影響を及ぼしております。その種類は200種類以上あり、 1㎠あたりに1,000個から100万個いると言われております。 なかでも、表皮ブドウ球菌は“美肌菌”と呼ばれており、肌の 角質層に存在し、皮脂を分解することで表皮を弱酸性に保 ちアルカリ環境を好む黄色ブドウ球菌などの悪玉菌の侵入を 防ぎます。また、天然の保湿クリームを生成して水分の蒸散 を防ぎながら、肌に栄養素を与え続けているのです。 多くの人たちは、そんな奇跡の働きをしている美肌菌を誤っ たスキンケアによって死滅させているのです。

自家保湿膜とは?

「水+油+美肌菌」の自家保湿膜が肌を潤わせながら
紫外線や化学物質などから肌を強力に守っている

自家保湿膜とは、角質層のことです。この角質層は表皮を覆 う薄い膜のことであり、アミノ酸等の水溶性保湿成分でる 角質細胞とセラミド主体の脂溶性保湿成分である細胞間脂 質によって構成されております。つまり、水と油が交互に重 なりありながら、何層構造にもなって肌を守っているのです。 そして、この角質層に美肌菌が存在して、この膜をさらに強 化しているのです。 しかし、多くの人は「つけすぎ、こすりすぎ、洗いすぎ」に よってこの”自家保湿膜”を破壊しているのです。

リペアローションとは?

リペアローションは、皮膚に存在するさまざまな悪玉菌を 抑制しながら、美肌菌の育成を促します。 これにより、健全な角質層をつくりキメを整えることで美白 効果を生み出し、肌本来のツヤを取り戻します。 また、乾燥を防ぐことで肌に潤いを保ちながら、新陳代謝 を促します。つまり、美肌菌=微生物の力をかりながら本来 の肌を取り戻す“肌再生”を行うのです。

スキンケアと言えばクリームや化粧水など、肌に良かれと 思って何層にも塗っているのではないでしょうか? 実は、それらの商品はパラペンなどの防腐剤が含まれている ために美肌菌の育成を阻害することがあるのです。 また、それに含有する保湿効果を高める“とろみ成分”とは、 肌から水分を奪っているのです。肌表面は潤っていると錯覚 しているかもしれませんが、その下では乾燥を促しているの です。 リペアローションは、美肌菌の育成を第一の目的として開発 したため、肌に悪影響を与える成分は一切入っていません。

リペアローションの効果

ニキビ、炎症、赤みの原因は、悪玉菌の増殖によるものです。 清潔を保つために洗顔回数を増やし、“クレンジング”でこす り続けることは、肌のバリア機能を失うことになります。 その結果、肌を守ってくれている美肌菌もいなくなり、その 代わりに悪玉菌が増殖します。また、バリア機能の喪失は化 粧品成分を含め、さまざまな化学物質に対して過敏に異物反 応を起こすのです。これが炎症であり、赤みの正体です。 バリア機能とは自家保湿膜であり、角質層です。健全な角質 層を取り戻せば、肌は美しく強くなるのです。

  • Twitter Basic Black
  • Facebook Basic Black
  • Black Google+ Icon

お問い合わせ

電話番号:03-4530-6092

月〜金 10:00 - 18:00   /  info@hlb.jp