Flora care

化粧品の概念を超越して、すべての認識を変える

フローラケア商品が生まれた理由

私たちは、これまでほとんどの人が知り得なかった肌に生息する微生物の働きを研究してきました。

皮膚には200種類以 上の微生物(皮膚常在菌)が存在しておりますが、私たちが特に着目したのが、表皮ブドウ球菌とアクネ菌の活動です。 これら2つの菌は、肌に対して特に大きな影響を与えています。

 

これら2つの菌量が良いバランスが保たれれば、肌は健全なターンオーバーをしながら、キメ細かく、適度な乾燥と保湿を維持します。しかし、悪いバランスになると、炎症が慢性化してシミをでき、またはニキビが出来たり、乾燥してシワ ができます。

 

今回、開発したフローラケア商品とは、表皮ブドウ球菌とアクネ菌の2つの菌量バランスを良好に保つことを第一の目的としました。

 

これまでに数百人の肌における菌量バランスを解析して、肌の状態と菌量バランスの関係性を見出し、最適なバランスに するための商品を開発したのです。

皮膚科学の視点から開発することで、 化粧品の概念を超えてしまいました

フローラケア商品は、悪い菌を抑制させながら、美肌菌と呼ばれる表皮ブドウ球菌を相対的に増やす、または美肌菌を移植 します。各菌にとって皮脂はエサとなります。ある一定の面積には一定の皮脂が分泌されています。そのなかに様々な菌が 宿っているのですが、悪い菌が多ければ、そこに存在するエサは悪い菌が独り占めしてしまいます。結果的に、悪い菌が居 座るのことになるのです。

しかし、リペアローションを使用すると、それらの悪い菌の活動が抑制されます。その結果、これまで悪い菌が食べていた エサを美肌菌が摂取することになり、美肌菌が増えることになるのです。それが美肌菌を相対的に増やす方法です。

一方、予め弊社で保存している活性の高い特別な美肌菌を移植する方法があります。この方法は、皮脂の分泌量が極端に低 い方を対象に行うものです。このような方は美肌菌の数も極端に少ないケースがほとんどです。そのため、ある一定の美肌 菌数を強制的に移植することで、菌バランスを整えるのです。

美肌菌は角質層に生息するので、角質層がなければ美肌菌も宿りません。だから、本来の角質層を取り戻しながら、美肌菌 を増やすことが望ましいのです。

角質層は、キメを形成しており、自家保湿膜とも呼ばれています。人間が本来もっているこの自家保湿膜は肌を乾燥や紫外 線から守りながら保湿してくれるとても優れた膜です。その膜には美肌菌が存在します。その美肌菌は、皮脂をエサに分解 して、天然の保湿クリームを生成したり、肌を弱酸性に保って悪玉菌の侵入を防いでくれます。また、アミノ酸などの栄養 素も産出しますので、自家保湿膜をより強固なものとしてくれているのです。

では、その自家保湿膜である角質層を取り戻すにはどうすればいいのでしょうか?

研究施設(ラボ)内風景:

健全な自家保湿膜を取り戻すために

フローラケア商品

リペアローション30ml

菌量バランスを整えてくれるローションです。 これ1本で化粧水、クリーム、パック、乳液、 美容液すべての機能を凌駕します。

フローラセット

数百人からサンプルを収集した美肌菌の中で 最も活性の高い美肌菌を培養し、凍結保存した ものです。これ1本に1億個以上の美肌菌が含 有しております。その凍結乾燥状態にある美肌 菌を溶かすための専用ローションがセットと なっております。

ニキビ・赤み(炎症)
毛穴の黒ずみ・乾燥でお困りの方
極度の乾燥でお困りの方
  • Twitter Basic Black
  • Facebook Basic Black
  • Black Google+ Icon

お問い合わせ

電話番号:03-4530-6092

月〜金 10:00 - 18:00   /  info@hlb.jp